豊前/ 敷田城



ファイルNo1640

                         土塁   

@ しきたじょう 
  別名 

A住所:宇佐市中敷田 
B目標地点: 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:宅地・田畑 

F遺構等:土塁・堀 
G時代/人物:戦国期/萩原氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2006年11月

  
堀?

【道案内】  ←中敷田公民館の位置

中津市方面から国道10号線で来ると、宇佐市佐野の信号で国道213号線(旧10号線)と県道629号線が交わる、変則交差点に至ります。ここで左折し、県道629号線に入ります。2Km先の中敷田の信号を左折し、1Km先左手が天津小です。この信号の北側、小学校の南側までの一帯が城域のようです。

  


【現況・訪城記録】

城域を確定できたわけではありません。中敷田公民館から北側一帯を方形に細い道があり、ところどころに用水路というべきか水路があります。写真のところは中敷田の集落の北側にあったものです。土塁・堀に見ようと思えば見えるという感じです。


【歴史】

宮熊城より萩原種親が新しくここに城を築いて移ったきました。天正十七年(1589年)に黒田氏に攻められ落城したようです。

  
   
  
  

近くの城・関連の城:宮熊城