遠江/ 仲明城



ファイルNo1367


                         尾根先端側の郭   

@ なかみょうじょう 
  別名 

A住所:磐田市敷地・家田 
    旧:磐田郡豊岡村敷地字仲明

B目標地点:仲明公会堂(公民館) 
C形式:山城  D比高:80m 
E現況:山林 

F遺構等:郭・土塁・堀切・(碑) 
G時代/人物:−−期/−−
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  15分

J撮影・訪問時期:2004年02月

  
堀切

【道案内】 

東名高速道袋井インタを下り、県道61号線を北上します。3.5km先で県道61号線は大田川を渡り、渡ったらすぐ右折になります。6.5km先で大当所南の信号で直進、県道283号線に入ります。すぐに天竜浜名湖鉄道を渡り、その先の大当所の信号で左折し県道40号線に入ります。1Km先、敷地駅を越えたところで右折します。敷地川を渡って左折し川沿いを500m先まで行ったところが仲明公会堂(公民館)です。この公民館の北東側の尾根先端が城跡です。



【現況・訪城記録】

公会堂(公民館)から東に細い道を進み、谷状のところに入ります。そこから左手の斜面から尾根向かって登ります。尾根先端のピークの背後の堀切のところに至ります。周囲は竹薮ですが堀切状は明瞭です。左手方向へピークまで登りますが藪状態で遺構らしきものは見当たりません。ピークより先端側に少し下りると両サイドがスロープ状の土塁がある平坦地にでます。ここは城跡らしさが残っています。公会堂から小川を挟んたところ、尾根先端の真下に城址碑があるようですが、これは見ていませんです。



【歴史】
詳細不明です。ただ、城主に敷地左衛門という名があるようです。


  
堀切
  
  
  

近くの城・関連の城: