越前 / 丸岡藩砲台



ファイルNo1777


                            

@ まるおかはんほうだい 
  別名 

A住所:坂井市三国町梶
   旧:坂井郡三国町 

B目標地点:芝政
C形式:丘城  D比高:20m 
E現況:公園・雑木林

F遺構等:郭・石垣・土塁
G時代/人物:江戸期/丸岡藩
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  専用駐車場から5分

J撮影・訪問時期:2007年09月

  

道案内  

北陸自動車道か金津ICまたは丸岡ICから芦原温泉・東尋坊・三国競艇場方面に向かいます。(丸岡ICから芦原温泉駅まで15Km程度です。) JR芦原温泉駅の西側2Km先、県道122号線と県道29号線と県道9号線の交差点坂ノ下の信号から、県道9号線で西に向かいます。芦原温泉を左手に見てながら進み、<途中県道9号線は左折ですが直進します。> 2.4Km先が舟津口の信号で、その先右手が三国競艇場です。舟津口の信号から国道305号線を進み、1.5Km先が加戸の信号で、ここで右折し県道7号線に入ります。道なりに6Km先で県道は左方向です。300m先右手に砲台公園の駐車場があります。遊歩道を歩き、5分で海岸線にある砲台です。 

訪城コメント

駐車場から雑木林を抜けると眼下の海岸線の突き出した部分に石垣で築かれた砲台が見えます。砲台は五箇所あり、郭内は広いという感じです。

歴史

幕末の沿岸警備のため有馬氏丸岡藩では嘉永五年(1852年)にこの台場を築きました。



  

近くの城・関連の城: