越前 越前府中城



ファイルNo1199

府中三人衆の前田利家の居城・江戸期は越前松平氏の臣、本多氏の城

                            

@ ふちゅうじょう 
  別名 越府城 

A住所:越前市府中町1丁目13
    旧:武生市府中町
B目標地点:越前市役所

C形式:平城  D比高:ーm 
E現況:公共施設、市街地

F遺構等:説明碑・移築門・(発掘石垣)
G時代/人物:戦国期/前田氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  2分

J撮影・訪問時期:2004/07月・2017年04月・8月

  

道案内 ←城跡  ←移築門(正覚寺)

北陸自動車道武生インタを下り、左手に出て、県道40号線を越前(武生)市内に進みます。600m先の葛岡の信号を右折し国道8号線(バイパス)に入り、600m先の横市の信号を左折し県道2号線に入ります。700m先のY字信号を斜め左に進みます。1Km先の万代橋で日野川を越え、ループの高架でJR北陸線を越えます。400m先の信号で右折し、200m先で右折します。300m先が市役所です。この前に城址碑があります。移築門は越前市京町の正覚寺の山門として移築されています。正覚寺も新善光寺城と言う城跡です。
 
訪城備忘録

市役所の正門横に城址碑(裏に説明)があるのみです。 2017年、市役所新築に伴う発掘調査で市役所東側に大規模な石垣が現れ、郭跡には池跡、側溝跡、礎石などが検出されました。野面積みのなんともいい感じの石垣です。相当に規模が大きく、高さ方向も残ってます。裏側の栗石もよくわかります。残念ながら石垣は埋め戻され、埋没遺構となるようです。

正覚寺の移築門(内側から)
歴史

文明年間に朝倉氏の奉行所があった地です。天正元年(1573年)に朝倉氏を滅亡させ、天正三年(1575年)に越前の一向一揆を平定した織田信長は、柴田勝家を北の庄城に、前田利家、佐々成政、不破光治の三人に府中10万石を与え、分領しとし勝家の与力としました。その時に利家は府中城を築きました。天正九年(1581年)、利家は能登に転封となり、その後は木村氏、青木氏、堀尾氏が府中城を居城としました。慶長六年(1601年)、家康の二男結城(松平)秀康が越前に入封し、家老の本多富正が入り、代々本多氏が在城して明治維新まで続きました。


正覚寺の移築門(外側から)
2017年、市役所新築に際して発掘調査されて出てきた石垣
市役所東側から出た石垣
石垣天面と栗石
石垣天面と栗石
池跡        側溝跡
発掘石垣

近くの城・関連の城: