越前 三留城



ファイルNo1188


                          説明板と後方高台は館跡の正寿寺  

@ さんとめじょう 
  別名 三冨城 

A住所:福井市三留町
    旧:丹生郡清水町三留 

B目標地点: 
C形式:平山城  D比高:20m 
E現況: 山林・雑木林・宅地・田畑

F遺構等:郭?・説明板 
G時代/人物:戦国期/朝倉氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分

J撮影・訪問時期:2001年08月・2007年10月

  
正寿寺

【道案内】  ←説明板のある地点

北陸自動車道福井インタを下り、国道158号線を福井市内中心部に向かいます。国道8号線が高架で交差する西方の信号を直進して県道5号線に入ります。2.1Km先で高架でJR北陸線を越え、さらに500m先の幸橋北詰の信号で右折し、福井県庁(福井城)を右手に見ながら1Km先の裁判所前の信号で左折して県道115号線に入ります。1.7Km先の光陽の信号で右折して県道6号線に入ります。新明星橋を渡って県道6号線を進みます。明星の信号で県道は斜め右手方向に進みます。久喜津橋で日野川を越え、700m先の竹生の信号で左折し、1.5Km先の信号で右折、300m先で右折し、150m先の集落内の十字路角に説明板があります。



【現況・訪城記録】

説明板には正寿寺(景久の子の千代雅丸が住職であった)が城の館跡で五位山に本丸があると書かれていますが、正寿寺の背後は丘陵で、愛宕神社がありますが、城という雰囲気ではありません。正寿寺の反対側の山がそうかもいれませんがよく判りません。 説明板の隣の民家の表門は重厚で葵のご紋が入っていました。福井城からの移築門とかやろか?

 
【歴史】

一乗谷朝倉氏初代敏景の六男の景儀(かげのり)の子の孫六郎景冬が永正年間末(1515年頃)に築城し、一乗谷の西方の支城として機能しました。景冬の弟の景総、その子の景久が引き継いでいました。天正二年(1574年)に一向一揆に攻められ城は落城しました。 <現地案内板より> ここの朝倉氏は天正元年に一乗谷朝倉氏の滅亡の直前に織田氏に従ったのですが、翌年一向宗に攻撃されたものです。

  
五位山?
  
説明板の横の民家
武家屋敷の門のように見えます。
門に葵の紋が入っていましたので、撮影させていただきました
  
  

近くの城・関連の城: