近江 高島新庄城



ファイルNo1954


                           水田と土塁 

@ しんじょうじょう 
  別名 大善寺遺跡 

A住所:高島市新旭町新庄
    旧:高島郡新旭町

B目標地点:大善寺・新旭南小
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:工場・学校・宅地・畑地

F遺構等:土塁
G時代/人物:戦国期/磯野氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2008年09月

  

道案内 ←大善寺遺跡  ←主郭位置(推定)

国道161号線で大津方面から来ると、新安曇川大橋で安曇川を越えて500m先、南小学校前の信号を左折し県道303線に入ります。250m先の右手が大善寺で、寺と隣の水田周囲に土塁が残ります。
 
現況・訪城記録

新庄城の主郭は国道161号線の右手の綾○工業の工場周辺と推定されます。主要部も国道161号線上、新旭南小学校一帯と考えられ遺構は残っていません。(発掘調査では土塁・石列・井戸が検出されたようです)大善寺周辺は重臣屋敷址ではないかと推測され、寺と隣の水田を囲むようにコの字状に土塁が巡ります。

大善寺
歴史

元々は清水山城の出城として築城されたようですが、築城時期などは定かではないようです。多胡氏・新庄実秀などの名前が残るようです。元亀四年(1573年)に織田信長は多胡宗右衛門に本知を安堵したとあるようです。天正二年(1574年)に織田信長は、浅井氏の降将である磯野員昌(かずまさ)を城主としました。員昌は天正六年(1578年)に織田信長に追放され、新庄城も廃城になったようです。



  

近くの城・関連の城: