近江 / 岩崎山砦



ファイルNo1894
                        主郭    

@ いわさきやまとりで 
  別名 

A住所:長浜市余呉町下余語
    旧:伊香郡余呉町

B目標地点:
C形式:山城  D比高:120m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・竪堀?・説明板
G時代/人物:戦国期/高山氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  20分
J撮影・訪問時期:2011年09月

  

道案内 

北陸自動車道木之本インタを下り、国道8号線を横切り国道365号線に入ります。5Km先、余呉湖口の信号で左折します。800m先で左折し、余呉湖観光館のところで左折し、すぐを右折し余呉湖畔を進みます。500m先左手に登り口があります。
 
訪城コメント

余呉湖畔の登り口から尾根まで登ります。分岐点で賤ケ岳方面とは逆の下りの道を進みます。500mほど先の右手に案内があります。(あるいは麓の集落内の岩崎山登り口から登ってくることも可能です) 岩崎山砦は未完成のまま放棄されたとの事で遺構は明瞭とはいいがたいものです。地元の長谷川氏の描かれた縄張図などでなんとかわかりという感じですが、木々が若干抜粋されているなど思ったほど藪ではなかったです。主郭に低い土塁が巡るとありましたが、それすらわかりにくい遺構の状態です。2011年夏はほとんど山城に行かなかったので、城内でシマヘビ君と鹿君に出くわし、そっちに驚いた(笑)

歴史

天正十一年(1583年)の賤ケ岳の戦いに備えて、高山右近が布陣しましたが、中川清秀が佐久間盛政に大岩山砦を奇襲され討死したため、左近は岩崎山砦が未完成であったため、木之本に退いたとされます。


主郭土塁                 現地案内板より

堂木山砦麓より岩崎山遠望(2007年)

  

近くの城・関連の城: