近江 / 太山寺城



ファイルNo1867


          石垣 

@ たいざんじじょう 
  別名 

A住所:高島市安曇川町中野〜田中〜高島市武曽横山
     旧:高島郡安曇川町

B目標地点:太山寺集落
C形式:山城  D比高:150m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀切・石垣・碑・説明板
G時代/人物:室町期/−−−
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  東屋から30分

J撮影・訪問時期:2008年04月・2018年05月

  

道案内 ←城跡 ←登り口

高島市中心部から来ると、国道161号線の青柳北の信号で左折します。300m先で船木口の信号を直進、さらに1km先の五番領の信号を直進し県道23号線を進みます。3.5km先(右手・広瀬橋を通過して350m先)を左折します。道なりに2.5kmほど進むと太山寺集落です。この集落の奥、中野林道のそばに東屋が建っていて、東屋のところから左方向へ登ります。10分ほどダートコースを登ると阿弥陀山の案内板のある箇所に至ります。(ここまで、ダートの坂道ですが4輪駆動とかなら登ってこれます。)ここより約10分で城跡です。
 
訪城備忘録

東屋から林道を登りだすとすぐに左手に太子堂跡があります。ここの背後にも空堀があり城跡のように見えます。さらに登り、阿弥陀山の案内板から谷筋に入ります。200mほどで右手斜面を登ります。尾根筋を進むと前が開けた箇所に案内標識があります。「太山寺城が見えます」と書いてありますが、正面の高い山ではなくて、右手を見ると手前に山が見えます。これが城跡です。道はこの箇所で右手に進み、300mほどでY字になり、左手に進み、(案内標識があります。)いったん谷に下ります。途中右手に水の手郭かなと思われる2段の平坦地があります。下りると沢沿いに城跡の説明板があります。(説明板は2018年訪城時新しくなってました。) 沢を渡って案内標識に従い登ります。5分も登ると城域に入ります。尾根に登る最後の坂は石が散乱していて、石段が崩壊した跡のようにも見えます。坂の途中の両サイドに大きな郭があります。さらに坂を登るとL字に方向を変え、郭に入ります。ここまでの坂は説明板には土橋とされ、確かに坂虎口状と言えるかもしれません。入った郭の右上が主郭で主郭への進入も坂です。この坂側面にも石積み痕跡が残ります。主郭は中央と奥まったところと右端に土壇となっていて、石積みが残ります。この空間は城というより寺の配置です。主郭下の郭を南側(左手)に進むと堀切と土塁があります。土塁を越えると郭があり、さらに一段下にも郭がありますが、この段差側面には石積みが相当に残っていました。主郭に戻り背後の斜面を登ります。説明板の縄張り図には堀切があると書かれてますがわかりません。尾根先端まで登ると西側が帯郭のようになってますが、斜面にも堀切らしいものがないです。以前、「戦国の山城」という本にも堀切が描かれてましたが、見当たりません。3人で見てないんだから無いっす^^;(笑) 今は樹木が茂り見通しが悪いですが、この城、寺院を改修して城にしてるわけだけど、山中の見通しは悪い場所です。山奥にひっそりとある城跡であり、秘密基地のように見えますな。

城跡下の説明板
歴史

元々、天台宗高島七ケ寺のひとつの太山寺があったと伝えられます。そのを周囲の勢力である横山氏・田中氏・朽木氏のいずれかが城郭に改修したもの考えられますが、詳細は不明のようです。

堀と土塁         石垣
現地案内板より(新)
城域進入路
帯郭      郭(坊跡)
南の堀切
段郭(坊跡)の石積み
段郭(坊跡)の石積み
主郭(本堂)の切岸      主郭(本堂)への坂虎口と石積み
主郭(本堂)の西側土塁     基壇の上の城跡表記
主郭(本堂)の基壇石積み
主郭背後の尾根先端郭?        主郭(本堂)
  
主郭
城域入り口の坂(参道石段のようです。白いのは桜の花びらです。)
主郭下の郭        尾根より城跡遠望
  
         千年椿    登り口の東屋(東屋の裏手を左方向の道を登ります)
        太子堂跡      太子堂背後の堀と土塁
阿弥陀山の説明板     谷筋から尾根道へ
尾根道(土塁に見える)   道を下る分岐点   
東尾根遺構
現地説明板より(旧)

近くの城・関連の城: