近江 行市山砦



ファイルNo1802

賤ケ岳合戦時の柴田方砦群です

                          堀切と土塁  

@  ぎょういちやまとりで
  別名  −−−−−

A住所:長浜市余呉町小谷
    旧:伊香郡余呉町小谷

B目標地点:
C形式:山城  D比高:400m 
E現況:山林

F遺構等:郭・堀切・土塁
G時代/人物: 戦国期/柴田氏方陣城(佐久間盛政)
H満足度: 凸+

I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  林道中腹の登城口から45分

J撮影・訪問時期:2004年04月・2007年11月

  

道案内  

北陸自動車道木之本インタを下り、国道8号線を横切り国道365号線に入ります。約6Km先で余呉町役場で、そこより2.5Km先の国道沿い左側の史跡案内板から、さらに2.1Km先の小谷地区で左折し、橋を渡り林道に入ります。国道そばに黒い説明板が立っています。林道に入ってすぐは、両側の草木も迫り、わだちも深くて悪路という感じですが、少し進むとわりと綺麗な林道です。数箇所窪みの深いのがある程度です。ただ、道は細く、万一、対向車が来るとすれ違うのは往生しそうです。国道の林道入口から中腹までは3.2km、比高で200mほど登ります。中腹地点に大きな登り口の案内板があります。林道は登り口からもう少し進むと通行止めになってます。登り口から別所山砦までは比高50m、行市山砦までは比高260mです。別所山砦にはなんなく行けますが、行市山砦は急な上り坂が二箇所ほどあります。しかし、全体にはハイキング道がしっかりとついています。<道案内写真>
 
訪城コメント

山腹の登城口より5分で別所山砦です、ここから尾根道を進みます。ハイキング道が続いていますが、この道は賤ケ岳の戦いの際は軍道だったんでしょうかね? 急坂を2箇所越えますが、2箇所目は塹壕のような道が二本平行に登っていて、上の突端が平坦地で堀が廻るような感じになっています。旧道なのかそれとも往時の見張りの郭なのか?? この箇所から少しで山頂尾根に着きます。平坦地が細長く山頂まで続いているという感じです。ただ、藪がきつくて、郭を区切る土塁と堀切を確認するのがせいいっぱいでした。山頂からの眺望はすばらしく、東野山砦、田上山砦まで見通せるという感じです。なお、国道の林道入口から行市山との往復は全行程約2時間でした。帰りの林道で猪の子供5頭に遭遇しました。近くに親猪がいるんでしょうな。

山頂(主郭)
歴史

天正十一年(1573年)の賎ケ岳の戦いの時の柴田方陣城で佐久間盛政の陣所でした。

尾根上平坦地                     山頂全景

木之本方面        山頂よりの眺望        敦賀方面

道案内
 林道入口                    山腹の登城口
別所山砦手前の土橋             尾根道(旧:軍道?)
山頂手前の郭のような箇所

近くの城・関連の城: