近江 / 奥村城



ファイルNo1760
                          虎口  

@ おくむらじょう 
  別名 

A住所:草津市馬場町
B目標地点:
C形式:丘城  D比高:30m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・虎口・碑
G時代/人物:戦国期/奥村氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分

J撮影・訪問時期:2007年08月

  

道案内  

名神高速道栗東インタから国道1号線を大津方面に進みます。5Km先、草津3丁目の信号で左折し県道2号線に入り、1.6Km先の名神高速の陸橋を越え、400mで草津川の土手に登ります。土手沿いに1Km進み、岡本町南の信号を越えます。200m先の岡本工業団地入口の信号で左折し橋を渡り、そのまま直進します。500m先のT字(願信寺が左手の方向)を右折します。200mほど進んだところが茂みとなっていて、ここが入り口です。

訪城コメント

入り口に「奥村但馬守古城址」という石碑が建っています。そこから10mも登ると虎口前の平坦地です。手前に井戸後のような低い土塁に囲まれた窪地もありました。すぐに虎口です。甲賀によくある高い土塁に挟まれたりっぱな平虎口です。なかに入ると、郭内は広く50m四方はありそうです。ただ、不思議なことに、りっぱな虎口があるのに郭内で削平されているのは虎口付近だけです。そのあとは斜面でとても屋敷が建ってたと思えないです。反対側まで行ってみますと低い土塁が巡り、一箇所後方の尾根に繋がっていますが、その先に遺構らしきものはないようです。この削平の不完全さはどう考えたらいいんでしょうかね?

虎口を郭内より
歴史

奥村但馬守の居館と伝えられます。


後方の尾根側土塁               城址遠景 

城跡入り口の城址碑                  虎口前の削平地

  
  虎口を横から                   虎口土塁を郭内から

近くの城・関連の城: