近江 / 東野館



ファイルNo1646
                          空堀から土塁を見る  

@ ひがしのやかた 
  別名  −−−−−

A住所:長浜市東野町
      旧:東浅井郡浅井町東野
B目標地点:愛宕神社

C形式:平城  D比高:−− 
E現況:神社・雑木林

F遺構等:郭・土塁・堀 
G時代/人物: 室町期/東野氏
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分


J撮影・訪問時期:2006年12月

  
空堀

【道案内】

北陸自動車道長浜インタを下り、県道37号線を東に進みます。3Km先の国道東上坂の信号で左折し、国道365号線に入ります。約3Km先の草野橋南詰めの信号で右折し県道273号線に入り、草野川沿いを進み、途中、北之郷町で県道264号線旧道と合流し、そこで東野のバス停付近で右折します。すぐに右手に茂みが見え、そこが愛宕神社です。神社の裏手には、新しい道で県道264号線新道が南北にあり、城域をまたいでいます。

 

【現況・訪城記録】

神社は広い敷地ですが、本殿というか?祠のような感じでぽつんとあります。その右手(南側)にコの字に土塁・空堀が残り、祠の裏側(新道県道側に)L字に土塁が続いていました。


【歴史】

京極氏の属した東野氏の居館で、史料には東野左馬之介行成などの名が残るそうです。


  
  
土塁
     
  

近くの城・関連の城: