近江 高島 小川城 



ファイルNo1402
                        土塁    

@  おがわじょう
  別名  −−−−−

A住所:高島市安曇川町上小川 
     旧:高島郡安曇川町
B目標地点:藤樹書院跡の北西側、161号線沿い

C形式:平城  D比高:−− 
E現況:水田

F遺構等:郭・土塁・案内標柱 
G時代/人物: −−期/小川氏
H満足度:
凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分


J撮影・訪問時期:2006年04月

  
道路より遠景

【道案内】

琵琶湖大橋から国道161号線で敦賀方面に進み、31Km先、高島市安曇川町の安曇川芸術文化会館前の信号を右折します。(藤樹書院の案内標識があります。)250m先の次の信号を右折し、道なりに400m先左手が藤樹書院跡です。これの100m手前で地蔵様(祠)のある路地に右折して国道161号線の高架手前まで行くと右手水田の先に土塁が見えます。 <国道161号線の側道は一方通行ですので注意してください。>
  


【現況・訪城記録】

水田の北側、個人宅の西側にL字状で土塁が残っていました。


【歴史】

小川氏の居城と伝えられます。


  
道路沿い案内標柱
後方は国道161号線高架
  
  
  

近くの城・関連の城:

            

中江藤樹書院跡

陽明学の中江藤樹は安曇川生まれで、この地に晩年(晩年と言っても若くなくなっていますが)に講堂として使用していたとの事です。       *