近江 荒神山城



ファイルNo1211
                          荒神山遠望  

@ こうじんやまじょう 
  別名 

A住所:彦根市賀田山町
B目標地点:
C形式:山城  D比高:250m 
E現況:山林・神社

F遺構等:郭?
G時代/人物:−−期/日夏氏
H満足度: 凸☆
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  荒神山駐車場から2分

J撮影・訪問時期:2008年11月

  

道案内 

県道2号線(通称:朝鮮人街道)の彦根市賀田山町の信号から近江八幡方面に800m先の消防署の角を右折し、1.4km先の下岡部町集落内の林道入口から山頂まで登ります。

現況・訪城記録

快晴の晩秋に登って見ました。登るといっても荒神山神社までは林道があり、車で楽々です。山頂近くの駐車場、展望台からの琵琶湖の眺めは大変綺麗です。遠くに、比叡山、多景島、竹生島も望めます。神社の参道は塹壕のような参道で両側はまるで竪土塁のようですが、まあ、城の遺構では無いですね。神社から奥に入ると、ピークがあります。これは荒神山古墳で、斜面に石積みの痕跡が残ります。東側の三角点側へ行って見ますと、ここからは彦根市内も望め、彦根城が遠くに見えました。神社を含め城ではあったようですが、どこまでが城域なのかは判断することができませんでした。

荒神山神社
歴史

六角氏系、日夏氏の城があったようです。荒神山神社は戦国期には奥山寺があり、織田信長に焼き討ちされたとさるようです。


荒神山神社石垣               荒神山神社参道

荒神山古墳の石塁                荒神山神社の紅葉

  
荒神山からの眺望
荒神山西峰からの眺望
荒神山東峰(三角点)からお眺望(彦根市内)                     東尾根        


近くの城・関連の城: