近江 石田屋敷



ファイルNo0820

石田三成生誕の地

                            石田三成生誕碑  

@ いしだやしき 
  別名  石田館

A住所:長浜市石田町  
B目標地点:徳明寺〜石田会館
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:宅地・公園

F遺構等:堀?・碑・説明板
G時代/人物: 室町期/石田氏 
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2004年04月

  

道案内  

北陸高速道長浜インタを下り、県道37号線を東に進みます。3Km先の東上坂の信号で右折し県道243号線を進みます。1.6Km先の石田町内の交差点で県道509号線を横切り路地に直進します。すぐ右手に進んだところが石田会館です。
 
訪城コメント
城址碑

石田三成像や生誕碑・城址碑・史跡案内板とありますが会館の隅の池は堀跡と説明されています。はたしてどうでしょうか?



堀跡?の池
歴史

石田三成公は永禄三年(1560年)にこの石田町に誕生されました。その当時の石田家の屋敷はこの付近一帯にわたり、約一町四反歩位あったものと思われます。現在地は屋敷の南端に当たり、ここから北へ現在のバス停付近まで屋敷があったようで、この地域の小字名は「治部」と称し、俗称「ごいで」とも言われています。隣接地に「的場」「御畑」「堀端」などの小字名から当時の豪族らしい構えが伺われます。左手の池は「堀端」または「治部池」と呼ばれ、石田屋敷の堀の一部遺構と伝えられます。<現地案内板より>


現地案内板より

  

近くの城・関連の城: