近江 / 植館群



ファイルNo0741
                             土塁(寺より南西側)

@ うえやかた 
  別名  −−−−−

A住所:甲賀市水口町植〜宇田 
    旧:甲賀郡水口町
B目標地点:

C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:寺・神社・雑木林

F遺構等:土塁・堀・類似碑
G時代/人物: −−期/−−氏 
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  説明板から3分

J撮影・訪問時期:2005年03月

  

道案内  

甲賀市水口町中心部より国道1号線で来ると、里北脇の信号を左折し県道121号線に入ります。1kmほど南下し県道535号線との交差点を右折します。200m先の唯称寺の石碑のところで右折し寺まで進みます。右折し寺まで200mで右側は平屋の公営住宅があります。 この寺の西側から吉山神社一帯が館群跡です。

 
訪城コメント
神社裏手の堀

寺から神社周辺の字は奥屋敷やおつぼね屋敷という地名が残ります。土塁が明瞭に残り神社周辺には明瞭な堀跡も残ります。神社向かいの一角は「おつぼね屋敷」と呼ばれ、こちらも土塁が明瞭に残ります。この居館群も北脇城同様、その機能がよくわかりません。また、「げんの壕」についても調べきれていません^^;;

神社前「げんの壕」の碑
歴史

詳細不明


おつぼね屋敷の土塁と郭(吉山神社の道向かい・植公民館の前)

  

近くの城・関連の城: