近江 / 三上城



ファイルNo0680


                            妙法寺山遠景 <後方は三上山>

@ みかみじょう 
  別名  −−−−−

A住所:野洲市妙光寺 
   旧:野洲郡野洲町
B目標地点:妙光寺山

C形式:山城  D比高:100m 
E現況:山林

F遺構等:郭?
G時代/人物: 室町期/三上氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  御上神社奥殿より15分

J撮影・訪問時期:2001年07月・11月

  

道案内 ←登り口

名神高速栗東インタより国道8号線で来ると野洲市妙光寺の信号を右折します。400mほど入った所に貯水池があります。この山裾側を歩くと御上神社奥殿があり、その先に妙光寺山に登る道があります。(野獣用の柵がありますが、外して中の道に行けます)
 
訪城記録

妙法寺山にある三上氏の城ですが、山頂には遺構らしきものは確認できませんでした。後で資料を調べると、山頂より南西側の尾根に城跡は存在するようでしたので再度挑戦しました。しかしながら、それでも明瞭な城の遺構は確認できませんでした。城跡は元々の寺跡(東光寺)を城郭にしたもののようです。 また、三上城北東部の山腹(妙光寺山の山頂の東側)に三上出城があります。主城より街道に近く監視用であったのでしょう。妙光寺山の東側の水道施設付近から登るのですが、遺構らしきものは確認できませんでした。資料には石垣も残るとあるのですが・・・。

妙法寺山より三上山を見る
歴史

永享年間(1429〜40年)に三上政実が築城したとされます、その後三上氏の代々の居城となり、観音寺城の佐々木六角氏に従いました。


妙光寺山より見た三上山               妙光寺山山頂付近古墳

  

近くの城・関連の城: