近江 / 三上陣屋



ファイルNo0679

                    陣屋周辺(後方三上山) 

@ みかみじんや 
  別名  −−−−−

A住所:野洲市三上
   旧:野洲郡野洲町
B目標地点:

C形式:平城  D比高:ーーm 
E現況:宅地

F遺構等:なし・移築門
G時代/人物: 江戸期/遠藤氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  三上集落内1分

J撮影・訪問時期:2001年07月

  

道案内 

名神高速栗東インタより国道8号線で来ると野洲川大橋を渡り御上神社前の信号を右折します。300m先の三上小学校前の信号で左折し300mほど先の右側の集落が三上です。
 
訪城備忘録

三上の集落を歩いてみましたが、遺構らしきものは見当たりませんでした。強いて言えば、集落を流れる用水路は堀跡でしょうか? かつては石垣が残っていたそうです。表門は湖南市(甲西町)岩根の常永寺に移築されています。野洲市三上の個人宅にも門が移築されているようですが場所がわかりません。

移築門
歴史

郡上八幡城の遠藤常久が元禄三年(1690年)に没し、遠藤氏二万四千石は改易となりました。元禄十一年(1698年)に白須才兵衛政休の長男の数馬胤親は、いったん大垣城の戸田氏の養子となり、その後、遠藤氏の家名を相続し胤親はこの地に陣屋を構えました。(五代将軍綱吉のお手つき侍女が側室となり、その実家の小谷家は旗本になり、妹が白須家に嫁ぎ、そこで生まれた子を大名に取り立てた(=胤親)らしいです。)


三上山
比叡山遠望    三上山中腹からの眺望  水茎岡山城山と琵琶湖
三上山(希望ケ丘側から)      三上城の山と小堤城山
中腹の割石         三上山山頂

近くの城・関連の城: