美濃 / 石河邸



ファイルNo1286
                                   個人宅にある邸址碑   

@ いしかわてい 
  別名 

A住所:羽島市竹鼻町駒塚 
B目標地点:伝法寺 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:宅地・田畑 

F遺構等:碑(説明付き) 
G時代/人物:江戸期/石河氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2006年02月

  
寺の横にある碑

【道案内】

名神高速道岐阜羽島インタを下り、県道46号で羽島市方面へ進みます。600m先の江吉良南郷中の信号を右折します。1.5Km先の竹鼻町蜂尻の信号を越え、500m先の竹鼻駒塚の信号で右折し(斜め右の道)、600m進むと道が狭くなりますが、その地点で左の路地に入ると伝法寺です。この南側が邸跡です。



【現況・訪城記録】

碑が二箇所に立っていますが、遺構らしきものはありません。ここは尾張藩家老の邸跡で城とは言えないって言われちゃいますね。


【歴史】

慶長十九年(1614年)に尾張藩付属となり、摂津・美濃に1万石を領していました。寛文九年(1632年)に駒塚に在所を命じられ、この地に一万八千平方mに館を造営しました。 <現地案内板より>


  
      
  
  

近くの城・関連の城: