美濃 / 不破の関



ファイルNo1119


                            

@ ふわのせき 
  別名  −−−−−

A住所:不破郡関が原町松尾  
B目標地点:
C形式:ーー  D比高:−−m 
E現況:宅地・公園
・資料館
F遺構等:土塁
G時代/人物: 大和期/−−− 
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:
2005年11月・2016年04月
            2018年05月

  

道案内 

名神高速道関が原インタを下り、料金所を出て左折し国道21号線へ向かいます。700m先の関が原西町の信号を左折し国道21号線に入ります。1Km先の左手に不破の関跡資料館があり、その裏手の道に碑があります。
 
訪城備忘録

不破の関を城郭とするか番外とするかはありますが、城の定義からして「軍事的防備を備えた構え」とした場合不破の関は柵と呼ばれた時代の城ということではないでしょうか。
資料館からやや東に寄って、国道・JRを挟んだ先に関の北面の土塁が残ります。

歴史

壬申の乱(672年)以降に伊勢鈴鹿の関、越前愛発関とともに設置され、延暦八年(789年)に廃されました。 <現地案内板より>

  
北面の土塁

近くの城・関連の城: 関が原