美濃 / 郡上丸山砦



ファイルNo0488


                            主郭模擬櫓

@ まるやまとりで 
  別名  −−−−−

A住所:郡上市美並町白山
B目標地点:
C形式:山城  D比高:70m 
E現況:山林

F遺構等:郭・模擬櫓
G時代/人物: 戦国期/遠藤氏?
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  麓より10分

J撮影・訪問時期:2004年09月

  

道案内 

東海北陸高速道美並インタを下り、国道156号線を郡上(八幡)方面に右折します。右折し200m先で再度右折し日本まん真ん中センターに向かいます。標識に従い300mほど進むと大きな駐車場があり、この向かい側に砦の登山口と説明板があります。
 
訪城記録

山頂には明瞭な城郭遺構はありませんが、模擬櫓が建てられています。隣の「日本まん真ん中センター」の日時計がよく見えます。麓よりは道が整備されていますが階段のため、これがけっこう効きます・・・^^;;

歴史

永禄二年(1559年)に遠藤胤縁が東氏に謀殺された頃に鶴尾山城(苅安城)との連携のため見張り・監視の砦として構築されたものと考えられます。 この砦の使用は短期間であったと考えられます。 <現地案内板より>


   腰郭                   主郭からの眺望
 
  

近くの城・関連の城: