美濃 / 伏屋城



ファイルNo0452


                            説明板と城跡

@ ふせやじょう 
  別名  −−−−−

A住所:羽島郡岐南町伏屋4丁目  
B目標地点:
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:雑木林・宅地・畑地

F遺構等:土塁?・説明板
G時代/人物: 戦国期/木下氏 
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2004年08月

  

道案内 

名古屋市内から来ると、国道22号・国道21号・国道156号の交差する岐南インタの信号の600m手前の伏屋の信号を右折、500m先で左折し県道179号線に入ります。300m先、伏屋1の信号を右折し川沿いを進みます。右手に黒壁の家がある手前の道へ右折し橋を渡ります。50mほど行った左手が城跡です。

訪城記録

路地沿い説明板が立っています。説明板の後ろは藪になっていますが、土塁の痕跡があります。裏手にまわって畑と民家の間から覗いてみました。

土塁の痕跡
歴史

永禄年間(1558〜1568年)、美濃攻略の際、織田信長の命で木下藤吉郎が築城したと伝えられます。小牧・長久手の戦いで秀吉は伏屋市兵衛をこの城の守備をさせたと伝えられます。 <現地案内板より>


  

近くの城・関連の城: