信濃/ 三日市場城



ファイルNo0408


                            神明社本殿(重文)

@ みっかいちばじょう 
  別名  大宮城

A住所:北安曇郡白馬村神城
B目標地点:神明神社
C形式:山城  D比高:120m 
E現況:畑地・山林

F遺構等:(郭・堀・竪堀)
G時代/人物: 戦国期/沢渡氏
H満足度:途中断念
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  −−分

J撮影・訪問時期:2004年04月

  

道案内   

大町方面より国道148号線にて進みます。青木湖を過ぎてJR大糸線南神城駅を過ぎて1.5Km先白馬南小学校前の信号で右折し1Km先の一面田んぼの信号で右折し突き当たりを左折して集落内の神明社に向かいます。この背後の山が城跡です。 

訪城備忘録
城跡遠景

残念ながら夕方の訪城でしたので城跡に登るのは諦めました。この周辺には沢渡氏の城としてここの三日市場城(大宮城)以外に沢渡城・芝山城などがあるようです。城跡は東の郭と西の郭の二つの郭があり、北側と二つの郭の間に横堀があり、北側斜面、南側斜面に数条の竪堀が落ちているようです。

八方方面手前の山が沢渡城跡
歴史

沢渡九八郎盛忠・子の牛乗が居城しこの地を支配し仁科氏に従いました。仁科氏滅亡後は徳川方として再度松本に入った小笠原氏に従い、小笠原氏転封に従いこの地を離れました。

  

近くの城・関連の城: