川中島八幡原武田本陣

                                                                              ファイルNo0402     

                            土塁

@ かわなかじまはちまんはら 
  別名  −−−−−

A住所:長野市小島田町八幡原 
B目標地点:八幡原史跡公園
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:公園

F遺構等:土塁・石碑・説明板
G時代/人物: 戦国期/武田氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分

J撮影・訪問時期:2002年01月



【道案内】
長野高速道長野インター降りて県道35号線で5分の所です。または、国道18号線バイパスよりインターに向かって曲がりすぐのところです。


【現況・訪城記録】
川中島合戦の際の武田氏陣城です。周辺は八幡原史跡公園となっています。土塁が残っていますが遺構なんでしょうか?

【歴史】
永禄四年(1561年)九月、第4回川中島合戦の武田信玄の本陣です。武田軍の別働隊が妻女山の裏手に回りこみ、きつつき戦法で妻女山より上杉謙信を追い落とし、八幡原で信玄本隊が遊撃するための陣でありましたが、謙信はそれを察知し、先に山を降り、二手に分れて手薄になっていた信玄本陣に突撃したという事になっていますが、はたして真実は??


     近くの城・関連の城: