信濃/ 細萱氏館



ファイルNo0372


                            堀

@ ほそかやしやかた 
  別名  −−−−−

A住所:安曇野市豊科南穂高
    旧:南安曇郡豊科町南穂高細萱
 
B目標地点:細萱4440番地付近
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:宅地

F遺構等:郭・堀・石碑・説明板
G時代/人物: 戦国期/細萱
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  2分

J撮影・訪問時期:2002年06月

  

道案内   

長野高速道豊科ICから県道310号線で北上し、光橋西の信号で左折して県道495号線を進み新田北の信号で右折し国道147号線に入り北に進みます。300m先細萱の信号で右折し300m先の県営細萱団地のところで左折し700mほど北上した集落の真ん中の個人宅(東側に集会所があったと記憶していますが・・・)です。(または細萱の信号を国道をさらに800mほど北上して万水川の手前で川沿いに右折し、すぐまた右折して道なりに500mほど進んだほぼ正面の民家が城跡です。)
 
訪城備忘録

穂高町と豊科町の境である万水川の南200mくらいのところの集落の中、現在は民家となっているため家人の方に許可をいただきて撮影しました。館を囲む堀が完存しています。

城址碑
歴史

小笠原氏が信濃守護の時代にこの一帯を実質的に支配していた細萱氏の居館跡になります。

  

近くの城・関連の城: