信濃/ 南信濃・中根城



ファイルNo0355


                            主郭北側堀と土橋?

@ なかねじょう 
  別名  −−−−−

A住所:飯田市南信濃木沢
    旧:下伊那郡南信濃村木沢下中根
 
B目標地点:
C形式:山城  D比高:170m 
E現況:畑地・山林

F遺構等:堀・碑
G時代/人物: 戦国期/遠山氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  城跡下の民家より5分

J撮影・訪問時期:2003年10月

  

道案内   

飯田市内より国道151号線で阿南町方面に進みます。早稲田の信号で右折し(道はループになっています。)県道244号線に入り阿南町役場を過ぎ・阿南高校で県道1号線に入り天竜川沿いを南下します。天龍村役場付近で国道418号線に入り南信濃村に向かいます。(あるいは、国道151号線で阿南町新野まで行き、国道418号線に入り南信濃村を目指します。) 国道418号線は国道152号線と合流し南信濃村の中心部の和田に入ります。ここよりさらに国道152号線を北上します。和田より5Km程先、木沢集落を越え上島トンネルと越えてすぐに左折しループ状の道で国道の右手方向に登って行きます。 この後が訪城後に時間がたってしまい記憶が定かではありませんで、どのくらい進んだ所の民家だったか、崖上に建つ民家があり、そこより登る小道があり高台に登りますと城跡です。

 
訪城備忘録
主郭と碑

高台部分は思いのほか広いという印象でした。削平地の中心に碑がありました。南側に土塁のような盛り上がりがありますが遺構か定かでありません。南側に堀切上の窪みが横たわり中央が土橋状になっています。

歴史

遠山遠江守景広が和田城を本拠にした頃、支城として築かれ一族を配したと考えられます。

  

近くの城・関連の城:和田城