東三河/ 鳳来大野城



ファイルNo0883

                         郭   

@ おおのじょう 
  別名  −−−−−

A住所:新城市大野
    旧:南設楽郡鳳来町大野上貝津
 
B目標地点:清澄稲荷
C形式:山城  D比高:50m 
E現況:山林・神社

F遺構等:郭・堀切
G時代/人物: 南北期/鈴木氏 
H満足度:
凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  説明板から10分


J撮影・訪問時期:2005年05月

  

道案内 ←登り口付近

新城市内より国道151号線で来ると、長篠城前からさらに国道151号線を約8Km北上、国道は飯田線「みかわおおの」駅前で右カーブし大野橋を渡ります。渡った先の大野の信号を直進し150m先の旧道で左折します。300m先の大野区事務所で右折し山裾まで行きます。山麓沿いに左手へ進むと200mほどで説明板のところに着きます。ここより登り道8分程度で城跡です。案内標柱が数箇所ありますので迷わないと思います。
 
訪城コメント
堀切

城跡は連郭式の古い形式の城で主郭を中心に尾根先端に3郭程度、尾根側に副郭が認められます。副郭の先には小さな堀切が申し訳程度に残存しています。

歴史

南北朝期に足助鈴木氏より分家した鈴木喜三郎が築城してと伝えられます。

  

近くの城・関連の城: