東三河/ 臼子城



ファイルNo0647

                          櫓台  

@ うすごじょう 
  別名  −−−−−

A住所: 新城市豊栄 <下臼子バス停そば> 
B目標地点:円通寺     
C形式:山城  D比高:60m 
E現況:山林・墓地

F遺構等:郭・櫓台・
G時代/人物: 戦国期/佐宗氏
H満足度:
凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分


J撮影・訪問時期:2005年02月

  

道案内 

東名高速豊川インターより国道153号線で新城へ北上し、新城市内「杉山北」の信号で左折し国道301号線に入り作手方面に向かいます。左折より2Kmほどで下臼子のバス停でこの左手の山が城跡です。山肌と国道が接するところ(バス停より200mほど手前)に登る道があります。
 
訪城コメント

国道沿いから登ると数分で山頂の平坦地にでます。山頂の国道側は現在墓地になっていますが一段高くなっており櫓台跡と思われます。この端に新城市の城跡には立っている城址碑がありましたが文字が消えてしまっていて判読できません。一段下がった平坦地は細長いですがけっこう広い(幅20m:長さ60m程度)という印象です。

主郭
歴史

永正二年(1506年)頃 佐宗重之によって築かれたとされます。

  

近くの城・関連の城: