東三河/ 増瑞寺館



ファイルNo0140

                            主郭空堀   

@ ぞうずいじやかた 
  別名:増瑞寺屋敷・構屋敷・設楽氏居館

A住所:新城市富永
B目標地点: 増瑞寺    
C形式:平城  D比高:ーーー 
E現況:寺

F遺構等:空堀・土塁・石碑
G時代/人物: −−期/設楽氏
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  増瑞寺駐車場より5分


J撮影・訪問時期:2003年02月

  

道案内 

旧道151号線(県道439号線)を茶臼山駅入口の信号からさらに長篠側に500m行くと左に鋭角に曲がる道がありますので左折します。200m先で踏切を渡り、渡ったところですぐを右折すると300m先が増瑞寺で、右折して200m行くと増端寺山門跡の碑のところに出ます。この碑には「設楽氏居館跡」と刻まれています。増端寺はさらに100m直進したところです。
(または新道国道151号線を豊川側から来ると富永新地の信号を右折し茶臼山駅に向かい信号から200mで左折し、150mで左折した奥が増端寺です。) 

訪城コメント

寺を正面に見て左手及び裏手に幅5m、深さ5mほどの空堀がしっかりと残っています。一見の価値があります。

歴史

鎌倉末期に設楽荘から進出した設楽重清が岩広城を築く前に最初に入った拠点と伝わります。


城址碑                増端寺

  

近くの城・関連の城: