東三河/ 森城



ファイルNo0128

                           土塁 

@ もりじょう 
  別名 望理城

A住所:豊川市森六丁目 
B目標地点:望理神社
C形式:平城  D比高:ーーー 
E現況:神社

F遺構等:堀・土塁・碑
G時代/人物: 戦国期/佐竹氏
H満足度:
凸☆
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分


J撮影・訪問時期:2002年08月

  
道案内 

国道1号線を豊橋から音羽方面に向かい、京次西という信号を左折、県道31号線(県道31号線は豊橋・豊川の外周を廻っている)に入り、すぐに名鉄の陸橋を越え、森5東の信号を左折しすぐ右折したところにある望理神社が城跡です。
 
訪城備忘録
城址碑

神社裏手(県道沿い)に土塁と堀の痕跡が認められますが、明瞭ではないです。そばに、碑も立っています。

望理神社社殿
歴史

史料には、寛政年間(1460〜66年)に佐竹刑部左衛門尉正義によって築かれたとあるそうです。


  

近くの城・関連の城: