東三河/ 瀬木城



ファイルNo0124

牧野氏第二の拠点。幅のある堀が今も残る

                         堀  

@ せぎじょう 
  別名  −−−−−

A住所:豊川市瀬木町郷中
B目標地点:神明神社
C形式:平城  D比高:ーーー 
E現況:神社

F遺構等:郭・堀・説明板
G時代/人物: 戦国期/牧野氏
H満足度:
凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分


J撮影・訪問時期:2003年4月

  

道案内 

東名高速道の豊川ICより国道151号線を豊橋方面に進み、(国道151号線豊橋方面の主要交差点は 牧野町−馬場町−坂下東−坂下と続きます。)坂下東の信号で左折、200m先をクランク状に左折・右折し、田圃の中を少し進みます。左手に神社の木立が見えてきます。最後に左折すると神社前に大きな「瀬木城址」の案内板があります。神社前に縄張り図付きの説明板も有ります。
 
訪城コメント

牧野氏第二の拠点。城跡には神社となっており、幅5mくらいの堀が神社正面左から裏手まで残っています。

歴史

明応二年(1493年)に牧野古白が築きました。

  

近くの城・関連の城:牧野城