東三河/ 亀ケ城



ファイルNo0029

虎口に明瞭な石垣が残る城

                         虎口横の石垣   

@ かめがじょう 
  別名 奈根城

A住所:北設楽郡東栄町三輪杉 
B目標地点:長峰神社 
C形式:山城  D比高:70m 
E現況:山林 

F遺構等:空堀・切岸・土塁・虎口・石垣・石碑
G時代/人物:戦国期?〜/伊藤氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  長峰神社より5分

J撮影・訪問時期:2004年03月

  
別の角度で石垣

【道案内】 

東名高速道豊川インタを下り、国道151号線をひたすら40Km北上し、東栄町に入ると三輪地区です。東栄駅入り口の信号を過ぎ、小さなトンネルを2つ過ぎ、しばらく走ると右手に自動販売機を設置している商店(永田商店)を過ぎますと、小さな橋があります(河内橋)その手前で左にはいります。 (橋を行き過ぎると「奈根公民館」が左手にあります。) 橋の手前を左折し600mほど走ると、右に「長峰神社」があり ここの駐車場に車を止めます。神社を正面にして左手の山が城跡です。(神社駐車場の右側にそれらしい登り道がありますが違います。私は行ってしまい、おまけに右手の山に登ってしまいました・・・)



【現況・訪城記録】

城跡へは駐車場からもう50mほど人家に向かって登ります。2件目の人家が少し高台です。この家を巻くように細い道が山手に続いています。尾根まで登りきると「亀ケ城」の小さな看板もあります。右手に進み、郭跡のような木立を抜けると主郭の高台があります。主郭虎口右側には2m・幅5mほど石垣が残ります。主郭内へはスローブ状で登ります。主郭には大きな城址碑がありました。虎口部分以外は土塁はなく、切岸でした。周囲は堀なのか、尾根との間は郭なのかよくわかりませんでした。




【歴史】

伊藤氏の城とされますが、詳細不明です。

  
主郭より虎口
  
主郭と城址碑
     
  

近くの城・関連の城: