尾張 南山城



ファイルNo1240


                    宮地町よりの眺望  

@ みなみやまじょう 
  別名 

A住所:瀬戸市宮地町or掛下町1丁目
B目標地点:南山口憩いの家・御鍬神社
C形式:山城  D比高:60m 
E現況:山林

F遺構等:なし
G時代/人物:鎌倉期/山田氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分

J撮影・訪問時期:2006年01月

  

道案内

愛知環状鉄道山口駅の南側、国道155号線の大坪町の信号からさらに国道を南へ150mの左に南山口憩いの家があります。この背後の丘陵上が宮地町の城域で、大坪町の信号を右折し500m先の左手山側にある御鍬神社周辺のどちらかのようです。
 
訪城備忘録

南山口憩いの家の後方の墓地側から丘に登ってみましたが、城らしくは無かったです。あとで、他の方のHPなど見ますと掛下町側が城跡であったようです。いずれにしても遺構はないようです。

歴史

 鎌倉期、山田重忠の子の山田伊豆守重継の居城とされます。史料には「城構えは山の上、四方に堀」とあるようです。名古屋城築城の際に資材は運び去られたとされて、その場所すら判断できるものがないという事です。宮地町にあったとする説もありますが、調査では城の痕跡は見つからなかったとの事です。

遠景                  土塁?  
  

近くの城・関連の城: