尾張/ 上末城



ファイルNo0620


               空堀             

① かみすえじょう 
  別名  森下城

②住所: 小牧市市上末 
③目標地点:陶昌院
④形式:平城(丘城) ⑤比高:10m 
⑥現況:寺・雑木林

⑦遺構等:堀・碑・説明板
⑧時代/人物: 戦国期/落合氏
⑨満足度: 凸+
⑩最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分

⑪撮影・訪問時期:2003年12月

  
城址碑

【道案内・訪城備忘録】 

名神高速小牧ICを下り、国道41号線を犬山方面へ、すぐの村中の信号を右折します。国道155号線を6kmほど進んだ地点が県道27号線との交差点「上末」の信号です。信号の東側50m、国道の西行き沿いに城址碑とその裏手に空堀が明瞭に残ります。




【歴史】

文明年間(1469~)に足利氏の末裔である落合将監勝正が築いたとされます。子の安親は織田氏に従い、小牧長久手の戦いでは秀吉方に付いたとされます <現地案内板より>

  
陶昌院(勝正の墓がある)
  
  
  

近くの城・関連の城: