尾張 小牧・岩崎山城



ファイルNo0611


                       熊野神社の五枚岩             

@ いわさきやまじょう 
  別名  岩崎城・岩崎山砦
A住所:小牧市岩崎
B目標地点:岩崎山?熊野神社
C形式:平山城  D比高:30m 
E現況: 神社・山林
F遺構等:碑・説明板
G時代/人物:戦国期/豊臣氏(稲葉氏)
H満足度: 凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分

J撮影・訪問時期:2004年04月

  

道案内・訪城備忘録  

名神高速小牧インターを下り、国道41号線を犬山方面に北上し、1Kmほど先の構内西横内の信号で右折し県道179号線を進みます。右折後1.5Kmほど進み岩崎団地南の信号で左折し300mほど先を右折し熊野神社へ向かいます。神社麓に城址碑と説明板があります。熊野神社の裏手山頂一帯は遊歩道になっていますが遺構らしきものはありませんでした。この岩崎山は名古屋城の石垣に使われた石の切り出しをされた場所のひとつです。切り出しの残石を活用し麓の公園用の石垣に使用されています。

城址碑
歴史

天正十二年(1584年)の小牧長久手の戦いの際、徳川方の小牧山に対峙するように豊臣方としてここに砦が築かれ、稲葉一鉄が守備したとされます。 <現地案内板より>

      矢立岩    切り出された残石使用の公園
  

近くの城・関連の城: