尾張 如意城



ファイルNo0515


                碑            

① にょいじょう 
  別名  -----

②住所: 名古屋市北区如意2丁目 
③目標地点:瑞応寺
④形式:平城  ⑤比高:--m 
⑥現況:寺・宅地

⑦遺構等:碑
⑧時代/人物: 室町期/石黒氏(長谷川氏)
⑨満足度: 凸凸
⑩最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分

⑪撮影・訪問時期:2004年06月

  
瑞応寺

【道案内】 

名古屋市中心部より国道41号線で北上し、国道302号線を横切り(名古屋高速「楠JCT」の所)、丸新町の信号を右折し700m進みます。如意1の信号の次の信号を左折し、1つ目の路地を右折すると瑞応寺があります。ここが城跡です。




【訪城備忘録】

城跡には遺構らしきものはありません。城主の墓がこの寺にあるようですが分かりませんでした。寺の裏手に空堀風の箇所がありましたが遺構ではないですね^^; 近くに長谷川さんという大きなお宅がありましたが関係あるのかな??



【歴史】

越中木舟城の石黒重之の子の石黒重行は南朝方で戦い破れ奥州に逃れました。その後、明徳四年(1393年)に妻方の姓の長谷川を名乗り長谷川重行としてこの地に住み、斯波氏に仕えこの地の領主になりました。長谷川氏は代々この地に居住しました。


  
空堀?なわけないか・・・^^;
  
  
  

近くの城・関連の城:木舟城