尾張の城011  

                                                                               

中島砦  0533

手越川の合流点
A 名古屋市緑区鳴海町下中 B瑞泉寺近く、扇川沿い個人宅  C丘城  国道1号線の鳴海栄の信号で鳴海駅の方へ曲がり、東海道線を越え、本町の信号で右折し500m先の中島橋を渡り、橋の袂で右折しさらに川沿いに200mほど路地を進んだ民家の庭先に城址碑はあります。
F遺構等:碑  G戦国期/織田氏  H満足度:凸  織田信長が永禄二年(1559年)に今川義元の侵攻に備えて築いた砦で、梶川平左衛門は守備しました。

J訪城:2004/07
  
鳴海長者屋敷  0532
A 名古屋市緑区鳴海町 B瑞泉寺  C丘城   国道1号線の鳴海栄の信号で鳴海駅の方へ曲がり、東海道線を越え、本町の信号で右折し500m先の中島橋手前左手が瑞泉寺です。

F遺構等:土塁  G戦国期/−−氏  H満足度:凸  延長の頃(923〜931年)の鳴海の長者で太郎成高が居住した館とされます。




J訪城:2004/07