西三河/ 箕輪城



ファイルNo1336


                            光明寺山門

@ みのわじょう 
  別名 

A住所:安城市箕輪町 
B目標地点: 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:寺 

F遺構等:説明板 
G時代/人物:戦国期/浅井氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2006年04月

  

道案内  

豊橋方面から来た場合、国道23号線バイパスの和泉インタを下り、その下の榎前町井杭山の信号で右折し県道45号線に入りデンパーク方面に進みます。1.6Km先の赤松町の信号で左折し県道12号線に入ります。1.7Km先の小矢場の信号を過ぎ、600m先の箕輪町の信号の左角が光明寺です。

訪城備忘録

城は現在の寺とほぼ大きさは同じだったようです。遺構らしきものはありません。

山門横の説明板
歴史

天文元年(1532年)頃、浅井治兵衛道介が築城しました。刈谷の水野氏と組んで松平氏に対抗しましたが、天文十一年(1542年)に討死したと伝えられます。 <現地案内板より>

  

近くの城・関連の城: