西三河/ 萩城



ファイルNo1335

                          石碑  

@ おぎじょう 
  別名 

A住所:額田郡幸田町萩城跡 
B目標地点:萩稲荷神社・専福寺 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:田畑 

F遺構等:石碑 
G時代/人物:室町期/内藤氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2006年04月

  
石碑碑文(後方は専福寺)

【道案内】  

国道23号線で蒲郡市内から幸田町に入り、JR三ケ根駅前から1Km先で二股の深溝愛宕山の信号を斜め右に入り、国道248号線に入ります。1.6Km先の荻の信号を右折します。250m先で左折し、300m先の田んぼの中の十字路で右折し、200m先の道沿いに碑があります。



【現況・訪城記録】

農道の道沿いに碑があるのみです。


【歴史】

寛正年間(1460〜65年)に京都よりこの地に移り住んだ内藤氏によって築かれました。永禄六年(1563年)の三河一向一揆では内藤弥次右衛門清長は一揆方に加担し、一揆収束後はここに蟄居し翌年死去しました。<現地碑文より>


  
  
  
  

近くの城・関連の城: