西三河/ 矢作城



ファイルNo0890

                        矢作神社    

@ やはぎじょう 
  別名  −−−−−

A住所:岡崎市矢作町  
B目標地点:矢作神社
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:神社・宅地・畑地

F遺構等:なし・うなり石
G時代/人物: 戦国期/島田氏 
H満足度:

I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分


J撮影・訪問時期:2005年05月

  
道案内  

岡崎城から国道1号線で西に向かい、矢作川を渡り「矢作町加護畑の信号で右折、すぐをまた右折し、250m先を左折、300m先で斜め左に下りると矢作神社です。
 
訪城コメント

城は矢作神社から矢作小学校までの間にあったとされますが、遺構はありませんでした。矢作神社に「うなり石」というものがあり、これは新田義貞が足利尊氏との戦いの際、矢作神社に祈ったところ、この石がうなりだしたと言われ、戦いに勝ったとされます。また、後方の矢竹は日本武尊が東方征伐の際にここで矢を作ったので、矢作と呼ばれるようになったとされるそうです。

うなり石と矢作やぶ
歴史

島田弾正の城とされます。

  

近くの城・関連の城: