西三河/ 上野上村



ファイルNo0294


                           榊原康政生誕之地の碑 

@ うえのうえむらじょう 
  別名  −−−−−

A住所:豊田市上郷町藪間  
B目標地点:上郷児童館・上郷護国神社・浄願寺
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:田畑・宅地

F遺構等:土塁・石碑・説明板
G時代/人物: 戦国期/戸田氏 
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  児童館から1分

J撮影・訪問時期:2004年04月

  

道案内 

岡崎市中心部より国道248号線にて北上、6Km先で左折し天神橋を渡り県道239号線を進みます。3Km先右手道沿いに城山稲荷・上郷児童館があります。 あるいは、県道76号線の上郷町の信号を岡崎方面に曲がり県道239号線に入り、三河上郷駅そばを過ぎて400m先の左手です。 
訪城備忘録
土塁

県道脇に城山稲荷があり櫓台跡と思われる土塁の上に祠があります。

古城図(現地案内板より)
歴史

応仁の頃(1467年)、戸田宗光が築城したとされます。戸田氏は田原に移り<文明七年(1475年)>、明応二年(1493年)に上野城に在った阿部氏は松平親忠と戦い破れ、この城は松平信定・清定の親子が在城しますが天文十四年(1545年)に清定は松平広忠と戦い破れ、この城には酒井忠尚が入りました。永禄六年(1563年)の一向一揆で忠尚は一揆方につき永禄八年(1565年)に忠尚は城を退去し城は徳川氏の在番が置かれました。 <現地案内板より>

説明板には榊原康政のことがでてきませんが、康政はこの上野の下村城で生まれたようです。

  

近くの城・関連の城: 鴛鴨城