西三河/ 折平城



ファイルNo0287


                            主郭下切岸

@ おりだいらじょう 
  別名  −−−−−

A住所:豊田市折平町内屋敷
   旧:西加茂郡藤岡町折平
 
B目標地点:八柱神社
C形式:丘城  D比高:20m 
E現況:畑地・山林

F遺構等:堀切・土塁
G時代/人物: 室町期/鈴木氏?
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分

J撮影・訪問時期:2004年12月

  

道案内 

豊田方面より国道419号線で向かい、旧藤岡町役場(市役所支所)そばの藤岡飯野町の信号で左折し県道33号線に入ります。2Kmほど進み県道352号線との分岐で、左側方向へ県道33号線をさらに進みます。(この分岐点の右手にも八柱神社がありますが、違いますので注意) 分岐点より1kmほどで折平地区で、ここで県道33号線から右折し、右手奥の八柱神社を過ぎですぐの左の山、畑の向こうの尾根先端に城跡はあります。
 
訪城備忘録
堀切

県道33号線から右折して道沿いの左手の集落が途切れたら道沿いに小屋が建っていてその裏手は畑地が山裾まであります。当日は登城道がわからなかったので先端から取り付き直登しましたが、右手の方から廃屋を越えて奥に薄く道があります。 主郭下は帯郭が巡ります。主郭の切岸は7〜8mと鋭く立っています。それに比べ主郭は削平があいまいで 後方の尾根側の堀切も浅いものです。

遠景
歴史

室町初期、鈴木氏が築城ともあるようですが、詳細不明です。

  

近くの城・関連の城: