西三河/ 木戸城



ファイルNo0208


                            空堀

@ きどじょう 
  別名  −−−−−

A住所: 安城市木戸町東屋敷 
B目標地点:春日神社
C形式:平城  D比高:3m 
E現況:神社・雑木林

F遺構等:堀・土塁・説明板
G時代/人物: 戦国期/石川氏〜成瀬氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分

J撮影・訪問時期:2002年04月

  

道案内  

西尾市内より県道294号線・志貴野橋で矢作川を渡ります。渡ってすぐの藤井町南の信号で右折し、藤井城の石碑前を越え、矢作川の堤防沿いを左手方向に行きます。500m先に春日神社が城跡です。

訪城備忘録

神社本殿の裏手に土塁・空堀がL字に残ります。

歴史

石川式部・石川太郎五郎の居館でしたが、文明三年(1471年)に安祥城に進出した松平宗家三代目松平信光は木戸城には成瀬藤蔵正義を配しました。 <現地案内板より>

  

近くの城・関連の城: