紀州/ 赤木城



ファイルNo2489

小さな城ですが総石垣の城跡が残る

                          主郭石垣  

@ あかぎじょう 
  別名 

A住所:熊野市紀和町赤木
    旧:南牟婁郡紀和町

B目標地点:
C形式:山城  D比高:20m(駐車場から) 
E現況:公園・山林

F遺構等:郭・石垣・(堀切)・碑・説明板
G時代/人物:戦国期/豊臣氏(藤堂氏)
H満足度: 凸凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  駐車場から5分
J撮影・訪問時期:2010年07月・2015年07月

  

道案内  

紀勢自動車道の紀勢大内山インタを下りて国道42号線を進みます。約70km先、熊野市の立石南の信号で右折し国道311号線に入ります。15km先「風伝トンネル」を越えた先で右折し県道40号線に入ります。約5km先で県道765号線との分岐点です。さらに、1.7km先で左折します。<城跡案内板があります> 1km先の分岐を右手に進んだ300m先左に駐車場があります。

訪城コメント

城域は小さいですが馬蹄形の縄張りに総石垣の城跡が残ります。まるでミニチュアの城を見てるみたいなんですが、一揆に対する威嚇のための城だったからでしょうか? 東郭の門跡、主郭の桝形虎口、主郭周囲を巡る石垣群、石垣が本当に美しいです。国史跡になってますので、整備の過程で積み直しはされていますが、山里の中の総石垣の城跡は神秘的でもあります。 北側下に戦国の城らしい堀切も残ります。 近くに丸山千枚田という大きな棚田があります。段々の田んぼが斜面にずっと連なっています。日本の原風景なのかもしれません。城には関係ありませんが道すがらですから一見の価値はあります。

主郭と城址碑
歴史

天正十六年(1588年)に豊臣秀長の北山攻めの際に秀長の家臣であった藤堂高虎、あるいは羽田長門守が築城したとされます。または、天正十三年(1585年)の秀長の紀州攻めの時には藤堂高虎はこの地に有り、城を築いていたともされます。高虎は文禄四年(1595年)に伊予宇和島に領地を拝領するまでこの地に関わっていたようです。北山の一揆は天正十六年以降なんどかあったようですが、慶長十四年(1614年)にもあり、和歌山藩浅野長晟がここに陣を張って鎮圧したとも伝わるようです。

 
  主郭虎口      主郭の北面石垣
現地案内板より       東郭より西郭
東郭           主郭
   東郭と眺望        主郭よりの眺望(東側)
東郭の石垣
東郭から主郭       主郭の石垣
主郭から西郭        西郭の石垣
北側堀切
主郭下石垣          西郭石垣(沢を隔てて)
   南郭           東郭から主郭虎口
  
丸山千枚田
峠から熊野灘遠望      熊野の海岸  
赤木城の風景

近くの城・関連の城: