伊賀/ 田原氏城



ファイルNo1833


                          主郭背後の堀  

@ たはらしじょう 
  別名 

A住所:名張市西田原
B目標地点:弥勒寺
C形式:丘城  D比高:20m 
E現況:竹薮・雑木林

F遺構等:郭・堀・土塁
G時代/人物:室町期/田原氏
H満足度: 凸△
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  弥勒寺から10分

J撮影・訪問時期:2008年03月

  

道案内  

国道25号線の上野インタで下り、国道368号線に入ります。8km先の安場の信号で左折し、すぐの信号で右折して旧の国道368号線(名張街道)に入ります。700m先の右の簡易郵便局のところを右折します。450m先の西田原公民館のところを右折した突き当りが弥勒寺です。

訪城備忘録

西田原公民館から弥勒寺へ20mほど歩くと消防団のポンプ庫の建物のところで左折し集落に入ります。集落内で丘陵の先端が迫ってる箇所(下の写真)から入ると道がY字になっていますので、左手に登るとすぐに主郭虎口です。私は実際には弥勒寺の横の春日神社からふるさと公園の頂上から尾根伝いに下りましたが、藪がきつかったです。城跡は斜面を切り込んだ主郭で四方に土塁が巡り、北側の土塁が高く櫓台のようで、その背後には深い堀があります。この堀は周囲を巡るようで、東側の堀は現在は道になっています。城跡は密集した竹薮状態で見難いです。

主郭虎口土塁
歴史

田原氏の居館と伝わります。

主郭への道と虎口               城跡入り口(集落側)
  
     城跡遠景                    城跡背後の頂上からの眺望

近くの城・関連の城: