伊賀/ 稲増氏城



ファイルNo1771


                       県道沿い集会所横から見た城跡遠景  

@ いなますしじょう 
  別名 

A住所:伊賀市下友田
    旧:阿山郡阿山町

B目標地点:下友田集会所
C形式:丘城  D比高:30m 
E現況:宅地・山林

F遺構等:郭・土塁・堀
G時代/人物:室町期/稲増氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  集会所から10分

J撮影・訪問時期:2007年09月

  

道案内  

名阪国道(国道25号線)壬生野インターを下り、県道679号線で北に進みます。1Km先の西之沢の信号で国道25号線旧道を横切り、直進して県道49号線に入ります。2.7Km先の田んぼの中の信号で右折し県道673号線に入ります。2.4Km先に下友田集会所が右手にあります。この集会所の裏手の川の反対側の丘陵先端が城跡です。

訪城備忘録

集会所の50m手前に橋があって川を渡り、50m先に左折する路地が城跡まで続いています。県道から見ると雑木林にしか見えなかったのですが、この路地は副郭に建っている民家の専用道路でした。登って行ったら民家の庭先に入ってしまいました。正面が一段高く主郭で、三方を土塁が巡ります。許可無く歩き回るわけにも行かずで、1枚だけ写真を撮らせてもらい早々に退散しました。チラ見ですが、高台の主郭・副郭(民家のある場所)だけでなく、主郭南側の段も郭跡に見えます。それにしても、平城で現在もお住まいの城というのは伊賀・甲賀でも何軒かありましたが、ここまで高台の城跡の宅地は初めてみました。なんとなくうらやましい・・。

主郭側土塁
歴史

室町期<文明元年(1469年)>に稲増帯刀厩が居城したと伝わるようです。天正九年(1581年)の天正伊賀の乱では稲増氏は近郷の豪族と雨乞山砦に立て籠もり、織田方の蒲生氏郷の軍に抵抗したとされます。




  

近くの城・関連の城: