伊勢 愛宕山城



ファイルNo1397

                            土塁の痕跡?

@ あたごやまじょう 
  別名 

A住所:桑名市矢田・城山団地
B目標地点: 長禅寺
C形式:丘城  D比高:20m 
E現況: 雑木林

F遺構等: 土塁?
G時代/人物:戦国期/矢田氏
H満足度:
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  走井山公園から5分

J撮影・訪問時期:2006年04月

  
整地?された城跡

【道案内】 

東名阪自動車道の桑名インタを下り、県道63号を桑名市街へ進みます。1.5Km先で国道258号を越え、県道504号に入り、さらに1.1Km先の桑名高校手前で右折します。400m先が走井山公園で、ここから城山団地に沿って丘陵先端を左手に進むと長禅寺の隣接部が城跡です。



【訪城備忘録】

矢田城(走井山公園)から150mほど北側の丘陵先端部分が城跡です。整地の工事が入ったようで、城山団地の拡張で住宅になるのでしょうか?丘陵の端に土塁の痕跡のような盛り上がりが認められましたが、工事のためかもしれません。(ただ、竹の切株があったから元々盛り上がっていたとは思いますが。)



【歴史】

永禄年間に矢田市郎左衛門が居城したとされます。織田信長の伊勢侵攻で矢田城とともに落城したとされます。


  
  
  

近くの城・関連の城:矢田城