伊勢 猪飼城



ファイルNo1157

                         城跡遠景   

@ いかいじょう 
  別名 

A住所:桑名市多度町北猪飼東山 
B目標地点: 
C形式:丘城  D比高:20m 
E現況:畑・山林 

F遺構等:郭・堀・土塁 
G時代/人物:室町期/小串氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  旧県道より10分

J撮影・訪問時期:2006年04月

  
土塁?

【道案内】 

東名阪道の桑名東インタを下り、国道258号を大垣方面へ進みます。5Km先の香取南の信号を左折して県道26号(県道5号線)に入ります。500m先で近鉄線の高架を越え1.4Km先の多度大社の信号を越え、300m先の多度保育園の先の県道26号線の旧道に左折します。800m先の左手300mぐらいの所の丘陵先端が城跡です。丘陵先端に集落から一軒の民家があります。この裏手です。



【現況・訪城記録】

民家近くには止められませんので、県道近くに車を止めて水田の中の農道を東に歩きます。家の方に了解をしただき一軒民家前を迂回して丘陵先端に登ります。畑があり、その上にも畑がありますが、上の畑でも後方部が薮状態で土塁があるのかもよく分からずで、城跡という感じではありませんでした。



【歴史】

南朝元号で元弘・建武年間(1331〜37年)頃から小串詮行が居城し、六代続いたとされます。詮通の時に永禄十一年(1568年)または天正六年(1578年)に織田信長の伊勢侵攻で落城したとされます。


  
  
      
  

             近くの城・関連の城: