伊勢 亀山城
亀山古城



ファイルNo1111


                            修復後の多門櫓

@ かめやまじょう 
  別名 粉蝶城
  /丹陵城・若山城(亀山古城)
 
A住所:亀山市本丸町
B目標地点:亀山公園。亀山市役所
C形式:平山城  D比高:20m 
E現況:公園・市街地

F遺構等:現存櫓・石垣・石碑・説明板
G時代/人物:古城:鎌倉期/関氏
       新城:戦国期/岡本氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  2分
J撮影・訪問時期:2001年10月・2004年08月
            2017年07月

  

道案内 

東名阪道亀山インターで下り、国道1号線を四日市・鈴鹿方面に入ります。すぐの太岡寺町の信号で右折し県道565号線に入り、市街地に向かいます。約4km先の右手亀山駅付近で斜め左に入りすぐの南崎の信号を左折します。約500m先左手が亀山公園で城跡です。 古城は亀山公園を通り抜けるとT字でこれを右折し県道647号線に入ります。150m先を右折(せまいかも)、あるいは、その10m先の路地(逆V字)に右折した20m先の空き地に城址碑と説明板があります。
 
訪城備忘録

主要城域の大半が破壊され市街地、公園になっています。本丸の南面石垣のみはよく残り、天守台跡に建てられた多門櫓が現存しています。多門櫓は江戸期は武具庫、明治期は工場として使用されたようで、傷みがひどかったため、下見板張りでの応急修理の状態で長く保存されていましたが、平成二十五年(2013年)に江戸期の漆喰の櫓に戻されました。 古城は関氏の時代の城で、地表に明確な遺構は見えませんが、発掘調査では江戸期の遺構の下などに戦国期以前の遺構が現れるとのことです。以前は住宅地の背後の小高い丘は草ぼうぼうでしたが、ある程度草刈りしてあり、なんとなく城跡っぽくなってました。さらに、近世亀山城の本丸と二の丸の間にあった石坂門の石垣が亀山歴史博物館の入り口近くに移設復元されています。

復元・石坂門石垣
歴史

文永二年(1265年)、伊勢平氏の流れの関左近将監実忠によって築かれ、以後、関氏累代の城であったのが古城です。元亀四年(1573年)、関盛信は織田信長に追放され、この地は神戸信孝の所領になります。天正十一年(1573年)、本能寺の変後の小牧長久手前哨戦で羽柴(豊臣)秀吉に落とされ、関盛信の子の関一政が一時城主になりました。天正十八年(1590年)、岡本良勝<宗憲>が入り、新たな亀山城を築城しました。良勝は関ケ原の戦いで西軍に属したため改易となり、慶長九年(1604年)には関一政が復帰したものの慶長十五年(1610年)には移封され、その後も、江戸初期から中期前半までは城主が目まぐるしく交代しました。延享元年(1744年)に石川総慶が入封以降、石川氏が十一代続き明治維新まで続きました。なお、寛永九年(1632年)、丹波亀山城の修築を幕府より命じられた堀尾忠晴は間違えて伊勢亀山城の天守を解体してしまったと言われてますが定かではないようです。さらに正保年間(1644年から48年)に時の城主、本多俊次が天守跡に現在の多門櫓が建てました。

修復前の多門櫓
修復前の多門櫓
  
修復後の多門櫓
現地説明板より
石垣
2017年撮影
多門櫓の下から天守台石垣
1112
亀山古城  
亀山市若山町 (歴史博物館の下)
古城城址碑       古城説明板
古城と推測される丘陵

近くの城・関連の城: