伊勢/ 桑名城



ファイルNo1108


                           三の丸から二の丸堀 

@ くわなじょう 
  別名 扇城 

A住所:桑名市吉之丸九華公園
B目標地点:九華公園 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:公園・宅地・学校 

F遺構等:郭・水堀・説明板 
G時代/人物:江戸期/
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  九華公園有料駐車場から5分
J撮影・訪問時期:2000年07月・2004年05月
            2016年09月

  
城址碑

【道案内】 

東名阪自動車道の桑名インタを下り、県道63号を桑名市街へ進みます。1.5Km先で国道258号を越え、県道504号に入り、さらに1.5Km先でJR線、近鉄線を陸橋で渡ります。陸橋から300mで国道1号線を越え、500m先の桑名港の信号で左折し県道613号線に入ります。600m先の田町の信号を右折して300m進んだ右手が九華公園で、左手に有料駐車場があります。



【訪城備忘録】

今は水堀の配置だけが、往時の城を語っています。石垣がどこかに残っていないかと思いますが 見事に無い感じです。ただ、公園の本丸跡の入口に隅石垣のような石積みと奥平屋敷の水堀周囲の石垣は現存でしょうか? 三の丸の外堀にあたる堀川の東岸の石垣(七里の渡しのそば)は城が存在した頃からの石垣らしいです。天守台跡に新たに石を積んで模擬天守台があります。その近くに水門管理所が蟠龍櫓風に建てられていました。



【歴史】

最初の築城は定かではありませんが、豊臣期は一柳右近、氏家行広が城主で行広は二万二千石でした。関が原の戦い後の慶長六年(1601年)に本多忠勝が十万石で入り、旧の東城を中心に近世桑名城を築城しました。天守は四重六層でしたが元禄十四年(1701年)の大火で焼失し以後は再建されませんでした。本多家は忠勝の子の忠政の時に姫路に移り、元和三年(1617年)に久松松平氏が入り、、宝永七年(1710年)には奥平松平氏、文政六年(1823年)より久松松平氏が藩主となりました。幕末戊辰戦争の際(1868)、桑名藩は幕府方につき、藩主松平定敬は東北地方を転戦し、最後は五稜郭で降伏しました。その間に国元は新政府軍に降伏し、新政府軍は天守の代用であった三重の辰巳櫓を焼き払って桑名城落城のしるしとしました。その後桑名城の石垣は取り払われ、四日市港の資材とされました。 <現地案内板より>


  
石垣の残石?
  
蟠龍櫓風
      
  

近くの城・関連の城:

          

辰巳櫓
奥平屋敷の水堀石垣(現存??)      模擬天守台