伊勢/ 小岐須城



ファイルNo1075

                        土塁    

@ おぎすじょう 
  別名 

A住所:鈴鹿市小岐須 
B目標地点:遍昭寺 
C形式:平山城  D比高:20m 
E現況:寺・山林 

F遺構等: 郭・堀・土塁
G時代/人物:戦国期/小岐須氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2004年06月

  
堀跡

【道案内】 

東名阪自動車道鈴鹿インタを下り、右手、県道27号線に出ます。700m先で国道306号線を横切り、県道560号線に入ります。3Km先でT字を左折し県道11号線に入ります。300m先で県道はクランク状に進みますが、この途中で路地に直進した先の左手に遍昭寺がありここの裏手が城跡です。



【訪城備忘録】

寺の裏手に郭の土塁と外側に堀が残ります。


【歴史】
永禄年間(1558〜70年)に関盛信の弟の小岐須常陸守盛光が居城したとされます。その子の盛経は織田信孝に属しましたが、天正十二年(1584年)に羽柴(豊臣)秀吉に攻められ落城しています。

  
  
  
  

近くの城・関連の城: